Works

タグ「自治体」の付いた実績一覧

LinkData.orgはデータの流通、及びアプリケーション開発からビジネスまで幅広くデータの活用を支援するプラットフォームです。
2018年11月1日より一般社団法人リンクデータより運営を引き継ぎました。
オープンデータに取り組む自治体を支援するとともに、地域課題解決や新たな価値創造に取り組む市民の方々や、データを活用したビジネスに取り組みたい企業の方々への支援を通じて、地域における持続的なデータ流通・活用ネットワークの形成を目指します。

横浜最大のアートフェスティバルを紹介するサイトです。英・中・韓と多言語対応し、複雑なイベント管理機能を有しながら、ほとんどの更新作業をクライアントが行えるよう、WordPressの管理画面をカスタマイズしてあります。

2012年から3年ごとに開催される65日間に渡る横浜のダンスフェスティバルです。多くのイベントが掲載され、多言語、モバイル対応もしています。内部施策のみですがSEO面でも評価されています。

東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、横浜市の活動を周知・PRすることを目的としたウェブサイトです。横浜市の各市立学校が開催日までのカウントダウンの数字画像を作成するカウントダウンリレー等、魅力ある企画を展開しています。また、デザインもPRの重要な要素となると考え、クリエイティビティを意識した洗練されたビジュアルを目指しました。

WordPress

2019年春から帰町が始まった浪江町、そこで暮らす人々やお店、イベントを紹介するメディアサイトです。CSS Gridを多用したレイアウトが特徴です。

同イベントにおける、公式ガイドブック・リーフレット・フライヤー各種、新聞・雑誌・鉄道等の交通広告全般、屋外バナー、フラッグ、横断幕、懸垂幕、メディア向けバックボード、配布物(タオル、うちわ、クリアファイル、付箋紙、封筒、カード等)、全てのデザイン及びディレクションを担当いたしました。開催期間中は特に、横浜駅周辺やJR桜木町駅前?みなとみらい地区までの広いエリアが、同イベントの広告物で埋め尽くされました。

2ヶ月に及ぶダンスイベントの、オープニングとエンディングを飾る2つのイベント告知ポスターデザインを担当いたしました。また、「躍動する横浜を見にいこう。」のコピー提案、コピーを主軸とした2018年度版タイトルロゴの制作も行いました。

横浜市共創推進室のブランドイメージと取り組みを打ち出すウェブサイトです。パンフレットの制作と一括で受託しており、統一したブランディングを行っています。横浜市CMSの制約の中で、丁寧なデザインを行っています。

弊社で担当させていただいた、2017年のウェブサイトデザインのリニューアルに伴い、ロゴを刷新いたしました。
五湖の「5」と、連なる山々をイメージし、5の中に湖を表現してみました。シンプル且つソリッドな形状でインパクトを持たせつつ、やまなみ五湖のシンボルとして長く使っていただけるようなデザインを目指しました。

有名観光地に比べ知名度が低い「やまなみ五湖」及び周辺の水源地域情報を発信するポータルサイト「神奈川やまなみ五湖navi」のウェブサイトリニューアルを実施。情報量の多いサイトですが落ち着いた雰囲気のデザインで見やすさを演出。デザインを一新したロゴにも注目です。

青葉区内のアート作品を鑑賞できるウェブ美術館です。作品を引き立てるシンプルな構成と位置情報の紐づけにより、汎用的なギャラリーシステムとして展開できます。

横浜のパパ育児を応援するウェブサイトです。弊社が2013年より横浜市こども青少年局より受託運営しています。

WordPress

Open Data Kobeの玄関口として、CKANをカスタマイズしたデータカタログ機能や、APIエンドポイント、アプリマーケットなどを備えています。神戸市の非常に意欲的な取り組みをサポートさせていただいて光栄です。

WordPress+CKAN+SPARQL

一つの管理画面に入力すれば、広報誌とウェブサイト、オープンデータとしての発信をまとめて賄ってくれるバックエンドシステムを構築しました。本サイトは、その発信形態の一つとしてのイベントポータルウェブサイトです。データはSPARQLでクエリされています。

2027年に横浜市での開催が予定されている国際園芸博覧会の広報ウェブサイトです。Kinsta上のWordPressで運用されています

WordPress

「横浜市泉区で暮らす魅力」に関する情報を広く区内外に向けて発信し定住・転入を促進するための専用ウェブサイトを構築。魅力を伝える4つのコンテンツで構成され、見る人に住みやすさ、暮らしやすさを伝えるシンプルなデザイン。区内にある約50箇所の直売所や収穫体験が検索できるマップコンテンツなどもあります。

横浜市消防局様より受託した病気やケガの緊急性を判定するためのチュートリアル形式のサービスです。スマートフォンにも対応しています。ユーザーが症状に関する質問を回答していくと、救急車を呼ぶべきか等の対応を推薦します。フォントサイズ変更、色変更などのアクセシビリティ対応や700ページ以上のボリュームを管理しながら開発するフローづくりに苦心しました。

金沢区役所が保有する古写真の一部を閲覧できるウェブサイトです。時間軸で分類するタイムライン表示、位置情報で分類する地図表示などを備え、自治体のこうした取り組みの中でも秀逸なサービスとなりました。

神奈川県横浜市金沢区の子育て情報ポータルサイトです。区内のオープンデータを活用し、育児・医療・観光・防災データベースの構築を行いました。ユーザーが入力した子供の年齢や現在地の位置情報による情報フィルタリングや、子供の予防接種スケジュールをチェックできる機能を持っています。かなざわ育なび.netで整備したデータについては、原則二次利用可能なライセンスで公開提供しています。

神奈川県発、アート・カルチャーメディア「マグカル」。県内のアート情報発信を行うウェブサイトのリニューアルとメディア運営業務を行いました。メディア情報発信サイトながらシンプルなデザインで、伝えたい情報のみを利用者に届けられるよう配慮しました。

なみえ新聞に読者投稿の形で写真や音声、動画を投稿するためのアプリです。誰でも使いやすいUIと、画像編集機能を備えています。

浪江町の情報を発信する新聞アプリです。避難により物理的に離れてしまった町民の心をつなぐ大切なプラットフォームです。Cordovaをベースにマルチプラットフォームな実装をしています。

CKANをカスタマイズしたオープンデータポータルサイトです。データカタログ以外のコンテンツについては、別のCMSと連動させています。SPARQLエンドポイントも公開しています。

CKANをカスタマイズしたオープンデータポータルサイトです。20,000件を超えるデータセットのインデックスを保持しています。

共創の取組・概念等を、主に民間企業に対してより効果的に周知するための、リーフレットのデザイン及び製作を担当させていただきました。
「横浜を共に創る」テーマに則って、行政と民間企業がタッグを組む事によって生まれる社会的効果を、大胆に配置した写真と共にシンプル且つ分かりやすく紹介しています。

当社による運用も3年目となり、オープンデータポータルサイト及びCKANのリニューアルを行いました。バックエンドには、東京都の各市区町村が公開するオープンデータを集約してAPIとして提供する仕組みが備わっています。オープンデータを正しく提供することの価値が高まる中、技術支援を適切に行なっていきます。

札幌駅と大通駅をつなぐ地下道に設置された、SPA + Firebase + 自社開発のIoTセンサーで構成される交通量測定及び防火シャッターの開閉検知システムです。
異常を検知すると防災担当者に通知され、システム内のチャットでメッセージをやり取りできます。

宮崎県のオープンデータのプロモーション、公開、可視化のプラットフォームを実装しました。中でも可視化機能は全国に類を見ない優れたデータ可視化ツールになっており、教育向けにも、データ解析にも役立ちます。

シビックテックの力が集結し、オープンソースを市民の力で継続的に改善して行政ウェブサイトを構築した意義深い事例です。当社ではインフラ、運用、データ関連の支援を担っています。

養育者が簡単に子育て情報を得られるスマートフォンアプリです。市や区のホームページに散らばっている情報を収集・整理して集約しました。お子さんの年齢に合わせておすすめのお知らせ・イベント情報を配信するプッシュ通知機能も備えています。

福島県浪江町とCode for Japanのコラボレーションによって産まれた、誰でも使いやすいコミュニケーションアプリです。テキストチャットとテレビ通話機能が、こだわり抜いたUI/UXで実装されています。

育なびシリーズ第三段である横浜市都筑区の育なびです。地元都筑区のサービスに関われて光栄です。

育なびシリーズ第三段である横浜市都筑区の育なびのアプリ版です。GoogleのFirestoreを使用し、プッシュ通知、定期処理、APIラッパー等を一括管理しています。

浪江町公式キャラクター「うけどん」のポータルサイトです。グッズ、ギャラリーなどのコンテンツでキャラクターの広報を応援しています。

川崎ゆかりの浮世絵を含めた、希少な作品約4000点の「斎藤文夫コレクション」を展示するギャラリーのウェブサイトです。実際に展示されている浮世絵のデジタル版画像データを大きく配し、浮世絵への興味をかき立て、足を運んでいただけるようなデザインを目指しました。

WordPress + CKANで構築されたオープンデータカタログです。Excelに整備したデータ一覧のCKANへの一括投入や、宇都宮市のオープンデータと国のオープンデータを組み合わせたデータビジュアライズ、活用事例掲載機能など複合的にオープンデータの利活用を支援しています。

利用者に向けて、施設貸出、講座・イベント、相談 事業等の情報提供を行うサイトのリニュアーアルを実施。
協会と3館施設の4つのサイトがマルチサイトにより構築・運用されているのが特徴です。

WordPressで構築された横浜のイノベーション誘致事業を紹介するウェブサイトです。
事業の志に見合う洗練されたデザインを持っています。