Works

ピックアップ

PICK UP

全国の美術館から現代美術の目録を収集して統合し、高度な横断検索を可能にしたデータベースです。Amazon CloudFront + GraphQL + OpenSearch / WordPress API / Nuxt.jsで構成されています。

Amazon CloudFront + GraphQL + OpenSearch / WordPress API / Nuxt.js

不動産や事業に関するプロデュース/マネジメントを行っているplan-Aさんのコーポレートサイトリニューアルです。

WordPress

東京国立近代美術館・国立工芸館ウェブサイトをフルリニューアルしました。
CMSはWordPressを採用し、独自ブロックの開発や多言語対応など、日々の運用において操作しやすい環境を実現しました。また、展覧会等の過去の膨大なデータも整備して移行し、利用者に充実した情報を提供できるウェブサイトを目指しています。

WordPress

実績アーカイブス

2024/04/06(土)から04/07(日)まで公立はこだて未来大学で開催されたIEEE IDEA JAM2024に賛助し、IEEE IDEA JAM企業賞 インフォラウンジ賞を授与しました。
2023/11/25(土) に開催されたCode for Japanサミットにブースを出展し、タンジブルインターフェースとDSMS(Datashelf Management Suite)を紹介しました。
2023年11月17日から19日までバルセロナで行われたスマートシティエキスポ(Smart City Expo World Congress - SCEWC)のジャパンパビリオンに出展しました。
さらにくわしく
LinkData.orgはデータの流通、及びアプリケーション開発からビジネスまで幅広くデータの活用を支援するプラットフォームです。
2018年11月1日より一般社団法人リンクデータより運営を引き継ぎました。
オープンデータに取り組む自治体を支援するとともに、地域課題解決や新たな価値創造に取り組む市民の方々や、データを活用したビジネスに取り組みたい企業の方々への支援を通じて、地域における持続的なデータ流通・活用ネットワークの形成を目指します。
横浜市会定例会周知ポスターのデザイン・キャッチコピーを担当いたしました。
さらにくわしく
横浜最大のアートフェスティバルを紹介するサイトです。英・中・韓と多言語対応し、複雑なイベント管理機能を有しながら、ほとんどの更新作業をクライアントが行えるよう、WordPressの管理画面をカスタマイズしてあります。
2022年11月15日から17日までバルセロナで行われたスマートシティエキスポ(Smart City Expo World Congress - SCEWC)のジャパンパビリオンに出展しました。
さらにくわしく
2012年から3年ごとに開催される65日間に渡る横浜のダンスフェスティバルです。多くのイベントが掲載され、多言語、モバイル対応もしています。内部施策のみですがSEO面でも評価されています。
東京2020オリンピック・パラリンピックに向けて、横浜市の活動を周知・PRすることを目的としたウェブサイトです。横浜市の各市立学校が開催日までのカウントダウンの数字画像を作成するカウントダウンリレー等、魅力ある企画を展開しています。また、デザインもPRの重要な要素となると考え、クリエイティビティを意識した洗練されたビジュアルを目指しました。
WordPress
横浜美術館のウェブリニューアルに伴い、電子所蔵品目録を一新しました。オープンソースの所蔵品アーカイブシステムであるOMEKAをカスタマイズしています。元データをクリーニング・正規化し、より活用されやすいデータフォーマットを整えました。
2014年10月のリニューアルに続き、2020年にもウェブリニューアルを担当させていただきました。充実した展覧会情報は変わらず、PCリテラシの様々な職員の皆様でも更新しやすいようカスタマイズを行いました。
2019年春から帰町が始まった浪江町、そこで暮らす人々やお店、イベントを紹介するメディアサイトです。CSS Gridを多用したレイアウトが特徴です。
18に引き続き、'19もご依頼いただきました。
2019年8月に横浜で開催される第7 回アフリカ開発会議(TICAD7)の市民周知とアフリカへの理解の向上、及び横浜のPRを目的としたウェブサイトです。サイバー攻撃による改ざん等のリスクを低減するため、静的ファイルのみで構成しました。運用においても、TICAD7にまつわる全ての情報を集約するため、迅速な情報掲載を重視しました。日本語、英語、仏語の3言語に対応しています。
WordPress+shifter
同イベントにおける、公式ガイドブック・リーフレット・フライヤー各種、新聞・雑誌・鉄道等の交通広告全般、屋外バナー、フラッグ、横断幕、懸垂幕、メディア向けバックボード、配布物(タオル、うちわ、クリアファイル、付箋紙、封筒、カード等)、全てのデザイン及びディレクションを担当いたしました。開催期間中は特に、横浜駅周辺やJR桜木町駅前?みなとみらい地区までの広いエリアが、同イベントの広告物で埋め尽くされました。
2ヶ月に及ぶダンスイベントの、オープニングとエンディングを飾る2つのイベント告知ポスターデザインを担当いたしました。また、「躍動する横浜を見にいこう。」のコピー提案、コピーを主軸とした2018年度版タイトルロゴの制作も行いました。
FUJI ROCK FESTIVALにて、社会の課題や地球の問題解決に取り組むNPOや団体が出展するエリア「NGOヴィレッジ」のオフィシャルTシャツのデザインを担当させていただきました。